mikage2-180605
神戸市東灘区の中庭のある住まいは順調に工事が進む。
今回ご一緒している大工の棟梁は仕事が綺麗でかつ特にスピードが早い。そして現場はいつも完璧に整理が行き届いている。
これもまた素晴らしいセンス。

Share 

shinmachi-180603
箕面市の森町で新しいプロジェクトがスタート。
晴天に恵まれるなか清々しく地鎮祭が執り行われる。
今回は土地探しの段階からご一緒させていただき、こちらで主導させていただいた部分も大きく、個人的にも敷地への思い入れは強い。
来月の上棟が待ち遠しい。

Share 

ueikeda-180602
大阪府池田市で建築中のプロジェクト。本体のみひとまずの完成。
外構工事は少し休憩を挟んだ後計画をスタートの予定。
考え方や生き方は勿論のこと、デザインを言語化することのできるクライアントとのコミュニケーションはとても刺激的で興味深く、素晴らしい経験であり時間となった。
構想から2年半が流れ、未完成の家、引き続きゆったりと。

Share 

nanpei-180526
高槻市で進行中のコートハウスは中庭の壁面にレンガタイルが敷き詰められた。
質感が高くとても重厚に見受けられる。植栽の緑が映えそう。

Share 

higashiasagiri-180523
明石の住まいはようやく植栽の植樹がおこなわれる。
お待たせをしてしまい、申し訳ない限り。

Share 

mikage-180515
少し前に引き渡しの済んでいる神戸市の住まい。
植栽の葉も出揃ってきたところで写真の撮影を行いました。
好天にも恵まれ、景色も居心地も良すぎました。

Share 

day-180506
兵庫県立美術館で開催中のスタジオジブリ展へ。
今回は映画そのものではなく、どちらかと言うと映画製作会社としてのジブリの在り方に焦点をあてたようなイメージ。
それでも壁一面に貼られたポスターやスケッチに見入ってしまい、なかなか足が前に進まない。
小さい頃、パズー少年を非常にリスペクトしていたということもあり、やはりラピュタ関係を前にすると今でもグッと込み上げるものがある。
クリエイティブはどこまでいっても哲学と想像力、少々のセンス、そしてあとは血の滲むような努力によって生まれるのだろうと。
しかしそこにビジネスが絡む以上、全てはドライで結果が全てだと言っているような展覧会であったことがある意味素晴らしく思えた。

Share 

nanpei-180510
高槻で進行中のコートハウスは防水下地や内部の壁下地の工事が進む。
本日は必要な各所の細かい納まりをまとめて打合せ。設計の意図と実際に施工方法を両者納得がいくまで話し合いは続く。

Share 

ueikeda-180509
池田のプロジェクトはいよいよ仕上げ工事の段階に。
スタートして早2年以上が過ぎ去り、ようやくここまでたどり着いた。
仕上げ段階の工事は非常に重要なので気が抜けないが一番楽しい時間かもしれない。
最後の最後まで、時間の許す限りまだもっとよくなると信じ。

Share 

day-180505
休日。家族で近場にハイキングへ。
近所というより住まいのすぐ北側には六甲山系が広がっており、探せばいくらでもハイキングルートが存在しているという恵まれた環境。
街には街の遊び方もあるが、自然の中で伸び伸びと遊ぶのはやはり気持ちが良い。

Share 

  
^