Court house in Uenoshiba | 上野芝のコートハウス

堺市西区にある中庭の家、外観実例

│ 古墳を借景に建つ和モダンなコートハウス

30代のご夫婦と子供が新しい生活を始めるために計画された住居です。

敷地は大阪府の堺市内で、御陵(天皇の古墳)に隣接する位置にあり、緑豊かな絶好のロケーションと共に、周辺はとても静かで、ここが大阪の住宅街であることを忘れさせてくれます。 そして御陵はお堀(水面)に守られているかのようで、手付かずの自然の木樹に覆われたその姿は、まるで神でもやどしているかのような錯覚すら覚えるものでした。

このロケーションを活かすべくスタートした計画の基本方針は、当然ながら自然に覆われたこの美しい御陵の景観を宅内の全てのスペースより望める事となり、あとは御陵の描く美しく緩やかな稜線を建物のどこかにデザインとして取り入れられないかということでした。

計画初期は平屋での計画もありましたが、建ぺい率と必要面積、要望の関係もあり、最終的には1階にパブリックスペース、 2階をプライベートスペースとした一部2階建てとし、建物の中央に中庭を配する形状に落ち着きました。

1階は道路側より順に前庭、和室、中庭、LDK、奥庭と続き、その先に隣接する水面(お堀)、そして古墳へと連続し、全ての場所から隣り合う空間を突っきって古墳を望める配置としています。また内部と外部の空間が交互に連続することでリズムと奥行き、適度な間を持ちつつ 、つながりのある構成となりました。
外部に面する建具は全て木製の引き込み戸とし、全開口時には1階全体が古墳まで突き抜けた気持ちのよい一体空間となります。

また2階の居室へは高さ5mの吹抜を介しながら緩やかな階段でアプローチします。 勿論その2階の各部屋からも美しい御陵の自然を望むことができるよう配慮されています。

外観は全体の高さ、軒の高さ共に極力低く抑えることで、水平ラインを強調させました。
また道路側から建物を見た時に奥へ向かって大きく伸び上がる印象的な一枚大屋根の形状は、 御陵の描く緩やかな稜線をイメージのもととし、外観のデザインとして取り入れられました。

所在地

主要用途

家族構成

大阪府堺市西区
専用住宅
夫婦+子1人
堺市西区にある中庭の家、外観実例

正面からの外観写真。軒の高さは極限まで低く抑えられている。中庭を有するプランのため、建物外周に開口部はほぼ無く、中の様子は全く伺えしれない。向かって右側に見える門扉をスライドさせ中へ入る。手前の方は平屋で、奥は2階建てとなっている。屋根の形状は奥へと大きく伸び上がっていく。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

LDKより古墳の緑を眺める。開口部の大きさは4m50cm程度あり、ガラス戸は全て引き込める仕様になっている。外にはデッキが続いている。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

リビング側よりキッチンを見る。床材はブラックウォルナット、壁や天井は石灰系のペイントで仕上げられている。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

LDKより古墳の緑を眺める。ダイニングテーブルは特注で制作してる。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

和室より中庭を通してLDK、その先の古墳を見る。この住居は全ての居室から古墳の緑が見えるよう計画がされている。室内と外部空間が連続してゆく。

堺市西区にある中庭の家、梁現し和室内観実例

和室から中庭を通してLDK、その先の古墳の緑を眺める。和室とLDKのガラス戸は全て壁内に収納され、内外がひと続きとなっている。室内にいても光や風、モミジの影がキラキラと内部に入り込みとても心地よい。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

中庭よりLDKを眺める。LDKの奥には古墳の緑が見えている。中庭右手には作り付けのコンクリート製ベンチ。シンボルツリーとして樹形の軽やかなモミジを植えている。黒の壁を背景に緑は栄える。中庭床は600角のタイル貼り。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

正面の箱のような箇所は仏具入れ。その右手には鉄板で作られた床が見える。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

向かって左側に見える壁は建具であり、スライドさせると中には仏具が納められている。奥の開口部はあえて高さを低く絞り、空間や視線の重心を下げている。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

和室の入り口より中を望む。奥は3枚開の押入れ。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

中庭と和室は床の仕上げ、軽い段差によりゆるやかにつながる。木製ガラス戸、網戸、障子は全て壁内に収納している。光や風、緑を取りこみとても心地よい空間となる。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

中庭より和室を望む。タイル、デッキ、畳と続いている。室内に入り込む影は時の移ろいを感じるのに十分である。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

リビングダイニングより中庭見る。奥には和室が見えている。中庭にはコンクリート製の作り付けのベンチを設けた。LDK、和室の各木製ガラス戸は全て壁の中に引き込まれている。網戸もまた使用しない際は収納されており、視界を妨げることはない。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

和室の障子を半分閉めている状態。中庭のモミジの影が畳や障子に映り込み風情を感じる。障子のデザインは縦を強調したものとした。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

和室の障子を閉めた様子。障子を閉めることで外と遮断され落ち着いた空間となる。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

リビングより奥のキッチンを見る。向かって左手に中庭、右手に古墳とお堀が見えている。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

ダイニング・キッチン。今回はレンジフードも制作している。奥の収納も家具工事で作成され、中には食器類をはじめ、電気製品、エアコンまで収納されている。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

LDKの夕景。照明は電球色とし、温かみのある落ち着いた夜を演出する。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

リビングからの古墳の眺め。変わることのない自然の緑が壮大で美しい。

堺市西区にある中庭の家、内観実例

左より2階の廊下。 中央は1階の廊下。奥に進むにつれ天井は吹抜を介し緩やかに上がっていく。 右は2階の個室。2階の個室は全て部屋より古墳の緑を望むことができる。また屋根の登り梁は意匠的に露出させている。

Share 
^