| コートハウス(中庭)

初めて出会ったコートハウス(中庭の家)は19か20歳の時でした。
東京でご活躍されておられる有名な建築家の作品を通じていわゆるコートハウス、要するに中庭のある住空間を初めて体験する機会に恵まれたのですが、これはもうまさに感動体験の連続で、ただただ素晴らしく、居心地が良く、そして空間はとても美しかったのです。
そしてこの体験こそが私の設計する上でのスタート地点でありベースとなるに至っております。
高槻の中庭型住宅 内観写真
コートハウス(中庭のある家)の特徴を以下に簡単に挙げてみます。
・いつでも生活や視線の中に緑(グリーン)を感じることができる。
・緑に囲まれた快適な中庭(外部空間)を持つことでアクティビティが充実する。
・セカンドリビングやセカンドダイニングとして室内と一体的に広く使うことが出来る。
・隣接建物や道路からの視線を遮断でき、プライバシーが守られる。
・視界に入れたくないもの(隣接する建物など)を見ずにすむ。
・周辺の喧騒を遠ざけることが出来る。
・敷地を余すところなく使い切ることが出来る。
・中庭から採光がとれるため外周面(隣地側や道路側)にあまり開口部を必要とせず、防犯上有効かつ安全である。
・子供やペットを目の届く範囲の外部で遊ばすことが出来る。
・覗かれる心配がないため日中も夜もカーテンを下ろす必要がない。
・ライトアップされた美しい夜景を毎日眺めることが出来る。
高槻の中庭型住宅 内観写真
眺望が素晴らしいところや環境が良いところではこのような考え方や計画の仕方はおこないません。
あくまで都市の中で快適に住む上で一つの解決方法として、非常に効果的な方法だと考えております。

Share