堺市百舌鳥のコートハウス 内観写真
堺市で進行中の住まいの現場。
台風の難も一段落し、ようやく通常運転に戻った感がある中、内装の下地工事が進んでゆく。
遅れた分を取り戻したいところだが、天災被害がまだ多く残る世間の実情を考えるとそうたやすくはなさそうである。
スムーズにことが運ぶよう願うばかり。

Share 

高槻の中庭型住宅 竣工写真
先日植栽工事が完了した高槻市のコートハウス。
本日は竣工写真の撮影に。
通常は午前中の太陽の光で昼景の撮影をおこない、日が暮れる瞬間の狙って夕景の撮影をおこなう。その間の時間は持て余すことが多いが、今回は終日在宅して下さったクライアントと中庭の椅子に腰掛け、ぼーっと他愛もない会話を楽しんだ。ゆったりととても充実した時間を過ごせた。

Share 

神戸市東灘区の注文住宅 中庭写真
少し前に引き渡しの完了している神戸市御影のコートハウス。
暑さもやわらいできたので植木の植樹がおこなわれる。
今回はかねてからのクライアントの希望でメインにはオリーブが植えられた。
これでようやく住まいの完成。
ジャズが大好きなクライアントにとって優雅な時間が流れる素敵な空間となっていればと願う。

Share 

箕面森町のビューテラスハウス 内観写真
今月末の引き渡しに向け、大阪府の箕面森町でのプロジェクトでは、足場も外され、内装工事がすすむ。
壁と天井の仕上げは淡いグレー、床は栗のフローリングで仕上がる。

Share 

八尾の中庭型住宅 地鎮祭写真
八尾市で新しいプロジェクトがスタート。
今回は中庭を持つコートハウスタイプ。
本日はクライアントのご家族、工務店さんと共に地鎮祭が執り行われる。
空模様に不安があったものの式の途中より太陽の光が差し込む綺麗な青空へ。

Share 

高槻の中庭型住宅 外観写真
少し前に引き渡し済の高槻市のコートハウス。
ようやく暑さも過ぎ去り、本日は小雨の降る中、植栽工事が行われた。
モダン な中庭の植栽実例写真
この中庭の為に選ばれた特別なサルスベリ。今にも動き出しそうなその樹形に生命力を感じる。ようやく空間が出来上がった。

Share 

shinmachi-180914
箕面市のプロジェクト。
2回に渡る台風の直撃も施工会社の徹底した養生のおかげで本体自体は直接的な被害は免れた。
周辺には様々なものを少々撒き散らしてしまったがこの程度で済んだことは非常にラッキーであった。
shinmachi-180914
現場では外壁工事が始まる。
今回はガルバリウム鋼板小波板を採用。この手の外壁仕上げで一番気を遣うのはコーナーの処理。既製品の役物を使用してしまうと、途端にシャープさが失われる。職人さんと意見を出し合いつつ、手の掛かる作業にチャレンジしてもらえるようもっていく。
結果、8mの金属板を綺麗に折り曲げることが出来た。

Share 

mozu-180910
堺市で進行中の現場。
近畿地方に甚大な被害をもたらせた台風20号、21号の被害をもろに受ける。
施工工務店の養生の努力も虚しく、外壁に貼ってあった防水紙は飛び散り、雨ざらしの状態に。
そしてこのような際の責任の所在の難しさを痛感する。
やれることは全てやったと言えばそれもそれ。
もっと出来たのではないかと言えばそれもそれ。
クライアント、設計者、施工者と全員が30代から40代ということで、そうでなくとも誰もまともに経験したことのない台風に、何をどれだけ準備すればよいのか予測が明確につかめなかったと言うところが本音。
色々と思うところもあるが、悔やんでも悔やみきれない。
仕切り直しだ。

Share 

nanpei-180825
高槻市のコートハウス。
記録的豪雨や大きな地震等の天災に遭遇しつつも無事に引き渡しを迎える。
今回現場を取仕切ってくれたのは若くも頼もしい棟梁、これからもどんどん成長していく様が目に浮かぶ。
nanpei-180825
今回も盛夏での引き渡しであり、植物と管理する側双方の負担を考慮し、植栽工事は10月に入ってから執り行う事となった。植栽が入らないことには中庭空間は完成しない。その時が非常に待ち遠しい。

Share 

mozu-180822
百舌鳥のコートハウス、本日中間検査。
問題なくパスし、屋根では雨仕舞い工事、室内ではこれから断熱材の充塡が進められていく。

Share 

  
^